編織事業

高いシェアを持つ編織製品を多数保有し、
生活、農業、産業に広く事業を展開

国内で初めて合成繊維による防虫網を開発して以降、防虫網で培った技術を、農業資材、建設資材、土木資材など、幅広い分野に応用し、資材繊維織物のパイオニアとして常に時代を先取りした独自の製品を開発、資材繊維の総合メーカーとして確固たる地位を確立しています。

原料から最終製品までの
一貫生産体制
ポリエチレンやポリプロピレンの原料から消費者に渡る最終製品までつくることができる一貫生産体制を構築しています。これにより、市場のニーズに対応したスピーディな製品開発、生産の大幅な効率化を図ることが可能です。

一貫生産体制

出荷量の変動に対応する
大量物流体制
編織事業の主力製品である防虫網は、季節性のある製品のため、年間の集荷量は大きく変化します。これに対しウェーブロックグループでは大量の在庫を保管できる倉庫を確保するとともに、ホームセンターから日々寄せられる大量の発注に応じられるよう、独自の物流管理システムを構築しています。

編織事業の高シェア製品

ウェーブロックグループの編織事業は、市場において高い競争力を有し、高シェア製品を多数輩出しています。

張替用防虫網 農業用生産資材

出所:帝国データバンク(株)、東京商工リサーチ(株)の調査資料をもとに当社にて推計

Solution2 編織事業 感染症の媒介となりうる蚊などの室内侵入を防ぐ忌避薬剤を練り込んだ防虫網

グループ会社